無駄な保険料を払わないためには、生命保険・医療保険の保障内容を知っていることが必要です。